スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近読んだ本を簡単レビュー

 


タイトル通り。


最近読んだ本。


東野圭吾「宿命」 
わりと前に読んだので内容忘れちゃったw。あんまし好きじゃないかも


高木彬光「刺青殺人事件」 
トリックとかは大した事ないようだけど、全編に漂う怪しい(おぞましい)雰囲気。この人の作品もちょっと苦手w


エラリイ・クイーン「シャム双生児の謎」
手がかりの真贋が二転、三転するプロットは正にクイーンの面目躍如。「ギリシャ棺」みたく真相がコロコロ変わる所も好き。最後の仕掛けがなければ犯人分からなかったのかな。正に異色作。
これで国名シリーズで読んでないのは「アメリカ銃」と「オランダ靴」?だけかな。


清涼院流水「コズミック」&「ジョーカー」 ちなみに「清涼in流水」の順番で読みましたw
ネタバレ読んでなかったら読了した後、本を投げつけるところだった。
「ジョーカー」の方はまだ僕の好きな「館」物、「クローズドサークル」物っぽくて楽しく読めたかな。
なんだこりゃっていう真相も「コズミック」を読んだ後ならまあ納得。
注意して欲しいのは「コズミック」単独で読むと本当にどうしようもないです。
通して読んでこそ意味がある(ない?)。さすが流水大説。バールストンギャンビット。


今は流水御大の「カーニバル」耽読中。なんだかんだ言いつつ好きなのかも。


お気に入りの探偵は「天城漂馬」と「氷姫宮幽也」です。

スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

【2006/08/23 20:51】 | よみもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
機動戦士フォークリフト 
遠い遠い遙か未来の銀河で・・・


その少年は名を、安室 零(あむろ れい)と言った。
彼が高校二年の秋、技術者だった彼の父親が謎の失踪を遂げた。
元々裕福なわけではなかった彼の家庭の生計が、母親の少ない稼ぎでは成り立たなくなるのは
目に見えていた。

その年の冬、少年は高校を辞め、とある企業に就職した。
その名は「連邦運輸」。

そこで起きる出来事が彼の人生を熾烈な争いの渦に巻き込んでいくとは知らずに。
続きを読む

テーマ:連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2006/07/09 18:25】 | よみもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。