スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
★面白い叙述トリック考えた★

1 :age [age] :02/10/03 15:12


山田太郎という男が、自宅で殺害された。
当時自宅に居たのは太郎の息子である次郎、一人だけである。
しかし次郎に動機は無い。
さて犯人は一体誰か?


答え/太郎の息子・一人(かずひと)



2 :名無しのオプ :02/10/03 15:16


>>1
ワラタ


3 :名無しのオプ :02/10/03 15:17


二人でもできそうだな。


 


4 :名無しのオプ :02/10/03 15:18


>>3
ふたひと?



5 :名無しのオプ :02/10/03 15:20


岡嶋二人


7 :1 :02/10/03 15:23


第二話


山田は、「完全犯罪」の成功を確信していた。
アリバイ工作は完璧。事件現場における山田の指紋は全て消し去った。
被害者のサイン入り遺書も現場に残した。
(クックック、完璧だ)
そう思いながら山田が自分のアパートで一杯やっていた時、玄関のドアがノックされた。
山田がドアを開けると、そこには警官一同が立っていた。
「山田さん。あなたを殺人罪で逮捕します」
「なぜ分かった! 指紋も消したし、被害者の筆跡入り遺書も残したし、自殺に見せかけたし、なにもかも完璧だったのに!」
「なぜって・・そりゃあ事件現場は夕方の渋谷駅のホームなんですから、目撃者は大勢居ますよ」



8 :名無しのオプ :02/10/03 15:25


>1
スイマセン、眠いんでそろそろ帰っていいっスか?



9 :名無しのオプ :02/10/03 15:27


>1さんは、
シリーズ化を狙ってらっしゃるのかな? 第二話を読むと、
いつか「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」
とそっくりなネタが出てきそう。


13 :1 :02/10/03 15:32


第三話


刑事「密室殺人ですか?」
警部「その通りだ。窓もドアも完全に鍵がかかっている密室で代議士が殺された。その部屋は荒された形跡も無く、何らかのトリックが使用された形跡さえも無いのだ」
刑事「そりゃあ当然でしょう」
警部「何?」
刑事「代議士はガス室で処刑されたんですから」



14 :名無しのオプ :02/10/03 15:33


小咄スレの予感・・・


 


15 :1 :02/10/03 15:37


お し ま い



16 :時 :02/10/03 15:38


多胡先生の『頭の体操』っぽくなってきた。
『殺人鬼を部屋に閉じこめて、しばらくたって見に行ったら
見知らぬ男が部屋にいた。どこから入ってきたのか?』
なんてネタが出てきそう。



17 :時 :02/10/03 15:38


あ、書いてる間に終わっちった。



18 :1 :02/10/03 15:39


次回からは
面白トリック集 リターンズ
こうご期待!



19 :1 :02/10/03 15:42


とある屋敷で、一人の男が殺害された。
被害者は山田。『離れ』で寝ていた所を何者かに襲われたらしい。
しかしその離れの回りはぬかるみになっており、誰かが通れば必ず足跡が残る。
しかし足跡はどこにも見当たらなかった。
さて犯人はどうやって離れを出入りしたのだろう?


答え/足跡は無かったけど手の跡は残っていた
   つまり犯人は逆立ちで離れまで進んでいったのだ


38 :ぼむ :02/12/20 17:42


部屋の中で男が殺されていた。部屋には出入り口はない。
深まる謎。戦わされる推理。
その驚天動地の真相とは?



39 :名無しのオプ :02/12/20 22:26


出入り口のない部屋に死体があった、というのが謎
というより、そんな部屋を造った奴の真意こそミステリー



40 :名無しのオプ :02/12/20 22:38


出入り口がないなら
殺してから家建てたんだろ
それか屋根ジャッキで持ち上げてそこから死体入れたか。


 


41 :名無しのオプ :02/12/20 22:40


叙述じゃねえじゃん(w


61 :名無しのオプ :03/02/04 03:06


山田太郎が完全なる密室の中で殺されていた。


登場人物
山田太郎
鈴木一郎


しかし鈴木は殺していないと言い張り、嘘発見器でも彼は嘘をついていないと言う結果が出た。
これは一体どうしたことか?


 


 


 


 



登場人物(とば ひとぶつ)さん(47)が殺したのだった。チャンチャン。


63 :猫いらず :03/02/08 19:16


山田一郎が自宅で殺されていた。


容疑者↓


内本真
河口巫女子
山田太郎
鈴木一郎
以上


しかし、 内本と河口と山田と鈴木には完全なアリバイがあった。
これは一体どうしたことか?


 


 


 


犯人は以上(い じょう)


パクリました。ごめんなさい。



64 :名無しのオプ :03/02/08 20:08


福沢花子がスーパーへ買い出しに行った。


暗算しながら買い物篭を満たしていくと、合計金額はちょうど1万円に。



花子はレジの店員に諭吉を手渡し、鼻歌交じりに帰宅しようとした。
……が、彼女を呼び止める声が。


店員「お客さん、困ります。これじゃ足りませんよ!」


さて、一体全体どうしたことか?


 


 


 


代金代わりに息子の諭吉くん(5歳)を置いていこうとしたから。


……と思った人は残念でした。


真相は、単に消費税を払い忘れたから。



65 : ◆6gYxGxJvo2 :03/02/08 20:58


ある日の夕暮れ、人里離れた洋館の一室で人が殺されていた。
その部屋にいる人物は2人、一人はたまたま居合わせた探偵、もう一人は物言わぬ亡骸。
ドアの錠は下ろされカンヌキも掛けられており、
開いているのは切り立った崖に面した窓だけで、
そこからは夕日と下の赤く染まった壁面だけが見え、
上下左右の部屋へと移るのも不可能、完璧な密室だった。


探偵「ここから飛び降りて生きてる奴が犯人だと思ったんだが、
   容疑者いなくなっちゃったよ」       
                             
                                     おしまい



66 :K ◆H.K.P4RooE [sage吸血鬼が犯人でありそう(w] :03/02/09 01:21


>>65
「崖から落とされた容疑者のうち、
 犯人だけは生き延びて逃げ去ったのだが、
 探偵は身の危険を感じて追うことができなかった」
ということで宜しいでつね?


81 :名無し物書き@推敲中 :03/02/21 01:30


これさ、ガキの頃に流行ったナゾナゾみたいだな。
「野菜チームと果物チームが野球の試合をしました。
回は進んで9回裏果物チームの攻撃、2アウト、ランナーなし。
3対2で果物チームが負けています。
バッターのバナナくんが打ちました。
走る、走る、走る。
打球は今、セカンドを中継してサードへ。
さぁ、きわどいタイミングだ、アウトかセーフか。
アウト、アウトです。
がっくり肩を落とす果物チーム。
なのに延長戦になりました。
なぜでしょう?」
ってやつ。
知ってる人いない?



82 :名無しのオプ [ランナー梨sage] :03/02/21 04:49


>>81
そういうの良いよな~こういうネタは脱力系がいいね。1のネタでは>>1は普通におもろいな。



83 :名無しのオプ :03/02/21 10:18


>>81
それずっと前に某クソスレで読んだ。
書いてた奴は「叙述なぞなぞ」って言ってたな(w


他にこんなのもあった。


ある湖に浮かんだボートの中で人が死んでた。
死体は頭をボートの舳先に向けていた。
さて、彼は男か女か?


 


84 :名無しのオプ :03/02/22 01:26


言ってんじゃん!


111 :名無しのオプ :03/12/19 23:01


このスレ見て思い出したいしいひさいちの四コママンガ。


“アルバイト募集 日給2万円”
という張り紙の前で学生が温厚そうな社員に尋ねている。
「よっぽど危険な仕事なんですね」
「いいえ、ただの倉庫業務ですよ」
「本当にただの倉庫の仕事?」
「ええ、もちろん」


仕事が終わった後。
学生、経理の机の前で社員の胸ぐらをつかんで抗議している。
「日給二万円って言ったろ!」
「“ただ”の倉庫業務って言ったんだよ」
学生、募集の張り紙を指差して涙目で抗議。
「書いてあるじゃないか!」


社員「『(株)日給二万円』なの、ウチは」


126 :1の従兄弟の妻の親友の彼氏のバイト先で一緒の人 :03/12/23 19:36


私は走行している車の荷台に乗っていた。
そして私の周りには、香水・蝋燭・石・ドライバー・トランプがある。
20分程経っただろうか?目的地が見えてきた時、何かが落ちた!
さて、それは…?


 


127 :名無しのオプ :03/12/23 20:51


スピード
叙述じゃねーだろヴォケ



128 :名無しのオプ :03/12/24 00:58


車の荷台に乗ることって道路交通法違反じゃなかった?


よって社会的評価や信用が落ちた



129 :名無しのオプ :03/12/24 00:59


>>127
>香水・蝋燭・石・ドライバー・トランプ


ドライバーが叙述に違いない



130 :名無しのオプ :03/12/24 01:44


トランプも人名かモナー



131 :名無しのオプ :03/12/24 03:17


田中蝋燭とか鈴木香水とかいう名前かもじゃないか



132 :名無しのオプ :03/12/24 10:14


わかった!
犯人はこいつだ!


 ↓


・石・


 


133 :名無しのオプ :03/12/24 22:17


顔文字かよw



134 :名無しのオプ :03/12/24 23:59


答えが石でストーンさんが飛び落りたはないよなw



135 :名無しのオプ :03/12/25 09:03


トランプだけにスペード(スピード)が落ちた
QED


141 :名無しのオプ :03/12/28 15:13


鍵を開けて部屋の中に入ったとき、俺はすぐに異常に気づいた。
机の上においておいたリカちゃんハウス(クリスマスプレゼントで
もらったもの。有名なあの人形用の家です)の位置がずれているのだ。
中をのぞくと、ピエール(リカちゃんのパパ)のよこでリカちゃんが
無残にも惨殺されている。
誰かに悪戯されないように、自分の部屋にも鍵をかけておいたし、
リカちゃんハウスにも外から南京錠をつけておいた。


言わば、二重の密室だ。


その状況で、誰がリカちゃんを・・・!



142 :名無しのオプ :03/12/29 01:21


>>141
少なくともリカちゃんハウスは外から施錠されてるんだから南京錠とはいえ密室じゃないよな


ピエールもリカちゃんと同じ部屋に居たんだし、
ピエールが犯人と見られても仕方ない



143 :名無しのオプ :03/12/29 23:15


すべて分かった。俺の部屋にリカちゃんマニアのヲタ友がいて、そいつが犯人。
俺のいない間にリカちゃんにあんなことやこんなことをしてしまったのさ。
猫説も考えたが、それだとピエールもともに惨殺されてるだろうからな。



144 :名無しのオプ :03/12/29 23:57


私の職業は「2.999999・・・・・」です。
いったい何の仕事をしているのでしょうか?


 


145 :名無しのオプ :03/12/30 00:06


野菜チームと果物チームの野球の対決です。
9回の裏、得点は野菜チーム1:果物チーム0。
果物チームの攻撃、ツーアウトランナーなし。
バッターは4番のブドウです。
ブドウ、打ちましたホームランです。
さて勝敗にゆくえは?


 


146 :名無しのオプ :03/12/30 00:39


なぞなぞスレかよっ!


>>144
保母さん


>>145
果物チームサヨナラ勝ち



147 :名無しのオプ :03/12/30 11:10


ドラえもんはドラ焼きのあんと皮どっちが好き?



148 :名無しのオプ :03/12/30 20:12


だんだん叙述スレじゃなくて謎々スレになってるぞ。


>>147
あん。
アン アン アン とっても大好き ドラえもん



149 :147 :03/12/31 00:55


>>148
>アン アン アン とっても大好き ドラえもん
△。(○でも×でもない)アン アン アン 取っても大好き=よって皮が好き。
とも解釈も出来るグレイゾーンな問題ですた。


確かに、叙述どころか謎々でスマソ…



150 :名無しのオプ :03/12/31 13:15


「あん」and「あん取っても」大好き
あんも皮もそれぞれ好き



151 :名無しのオプ [母が死んだとき家の鍵を持っていた。] :04/01/01 18:53


>>142
その通りです。
>>143
スマソ。リカちゃんもピエールも人形と思わせておいて実はハムスターで、
それをリカちゃんハウスで飼っているというだけのお話でした。


文章があれだと、叙述は成立しないっつーアレですな。


158 :名無しのオプ :04/01/26 12:48


列車内で殺人事件が起きた。
被害者は「犯人はリア中だ」と言い残して死んだ。
容疑者は


一両目にいた人物
二両目にいた人物
三両目にいた人物
四両目にいた人物


真犯人は



三両目にいた人物
リア(後方)中なので


160 :名無しのオプ :04/02/01 15:58


龍宮と一体ちゃんはこんなことばっか話してたのかな、とか思った。



161 :名無しのオプ :04/03/07 13:31


鈴木太郎は歯痛に苦しんでいるのに、毎日皮膚科の病院に通っている 
なぜでしょう?


ごめん普通のナゾナゾになってしまった



162 :名無しのオプ :04/03/07 13:34


皮膚科で働いているから。


・・・普通に答えてしまった。



163 :名無しのオプ [sage ] :04/03/18 11:34


ある女が怪しい建物の中に入っていった。
しばらく待っていると、再び女が建物から現れた。
女に何をしていたのか、と聞くと、
女は「人を殺してきた」と答えた。
慌てて建物の中に入り、その事を話したが、
中にいた人たちも一向に警察に連絡しようとさえしない。
これは一体どういうことだろう?


既出かな。ゴメン。



164 :名無しのオプ :04/03/19 06:34


「中にいた人」はもう死体。


 


165 :163 [sage 中絶 ] :04/03/19 09:16


そっちの方がいいかも。
答えメル欄


222 :名無しのオプ :04/04/03 22:11


街を歩いていると、若いカップルに指を差されて笑われた。
「気にするな、いつものことだ。無視しろ。」そう自分に言い聞かせる。
しかしそんな言葉とは裏腹に、おれは吸いこまれるようにそいつらに近づき、
持っていたナイフでメッタ刺しに・・・
気が付くと、足元には二つの死体が転がっていた。


・・・しかし、オレは罪に問われることは無かった。
確かにこの手が二人の人間を殺めたというのに・・・
果たして真相は!?


 


223 :名無しのオプ :04/04/03 22:17


>>222
時効



224 :名無しのオプ :04/04/03 22:40


>>222
若かった



225 :222 :04/04/03 22:55


>>223,224
もっと奇妙(?)な答えを用意してます。


 


226 :名無しのオプ :04/04/03 22:57


>>222
捕まんなかったんじゃないの。


228 :名無しのオプ :04/04/03 23:33


>>222
2つの死体の一人が自分だった。



229 :名無しのオプ :04/04/04 00:11


>>222
一段落目の主語は「おれ」、二段落目は「オレ」。
これ重要。
一段落目は泉新一で、二段落目はミギー。
罪に問われたのは新一だけ。
我ながら完璧な推理。最強。



230 :名無しのオプ :04/04/04 00:48


自分も刺したから



231 :名無しのオプ :04/04/04 02:47


おれオレ詐欺!



232 :222 [二人羽織だった。] :04/04/04 13:10


>>229
おおっ、その手があったか!!
そっちのほうがスマートだなぁ。
用意してた答えはちょっと違う。
「笑われた」「自分に言い聞かせる」「この手『が』」にヒントを含ませたつもり。
答えはメル欄。バカミスでスマヌ。


233 :名無しのオプ :04/04/04 13:32


    _, ,_  パーン
  ( ゜д゜)  
   ⊂彡☆))Д´) 


 


234 :名無しのオプ :04/04/04 14:28


>>222
それだと「おれが」「近づいて」「メッタ刺しにした」という記述が
嘘になるのでは。



235 :名無しのオプ :04/04/04 14:29


二人羽織って座ってやるよな。つーか歩けないだろ。



236 :222 :04/04/04 14:31


>>233
殴ったね!?親父にも殴られたことないのに!!


>>234
うん、そうだね。あんまり突っ込まないで…


240 :名無しのオプ :04/04/10 02:10


ある馬鹿女が死体で発見された。その指先には、
被害者が自分の血で書いたダイイングメッセージがあった。
その内容は、「E」だった。
容疑者は四人、江頭2:50、ヨネスケ、山田花子、木村拓也。
真相やいかに?



241 :名無しのオプ :04/04/10 02:31


木村拓也



242 :240 :04/04/10 03:09


助手「これは江頭のイニシャルEで決まりですね」
探偵「いや、被害者には暴行を加えられた後に動いた痕跡がある。
   カタカナの『ヨ』かもしれないね」
助手「なるほど!犯人はヨネスケか!!」
探偵「いやいや、同様の可能性から漢字の『山』かもしれない」
助手「そうか!犯人は山田花子!!」
探偵「チッチッチ・・・ダイニングメッセージは『「ヨ」』なんだ。
   カッコも込みなんだよ。カッコE、カッコイイ・・・」
助手「つまり・・・犯人はカッコイイ木村拓也だったのか!!!!」
探偵「あいかわらず君はせっかちだねえ。被害者は馬鹿女なんだよ?
   死ぬ間際にそんな凝ったメッセージを残せると思うかい?
   この『「E」』は、漢字の『自』の書き損ないだったのさ」
助手「なんですって?!」



243 :240 :04/04/10 03:10


探偵「つまり被害者は、『自殺』と書こうとしたんだよ。
   おそらく馬鹿な被害者は、自殺を図った後に遺書を残すのを忘れているのを
   思い出したんだろうね。そこで、これは自殺です、と書き残そうとしたんだろう。
   しかしそこは馬鹿の哀しさだ。書き順もメチャクチャなら字も汚い。
   書いている途中で息絶えて、こんなメッセージが残ってしまったんだろう。」
助手「そうだったのか・・・。」
探偵「この事件は、馬鹿が馬鹿ゆえにダイイングメッセージすら
   まともに残せなかったという悲しい物語だったのさ」


窓の外を見ると、東の空が明るんできていた。
死者の思いがようやく人々に届き、その魂が太陽と共に昇っていくように・・・。
彼女の微笑みと、ようやく登った太陽を、僕らはいつまでも眺めていた。


『暁の残魂』~完~



244 :名無しのオプ :04/04/10 03:25


>>240
このスレをプリントアウトして、壁に投げつけてからゴミ箱に捨てますた。



245 :240 :04/04/10 03:41


警部「コラッ!お前ら何してる!!」
探&助「わっ!!」
朝日をしみじみ眺めていた僕らは、警官の怒声にひっくり返った。
警部「ここは殺人現場だぞ!!勝手に入るなガキ共!!」
僕らは転げるようにして現場から逃げ出した。
部下「警部、なんですかあのガキ共は?」
警部「近所の中学校の生徒だよ。推理小説マニアらしい。
   何か事件が起こると必ず侵入してきやがるのさ」


僕らは殺人現場から逃げ出してそのまま中学に向かった。
しかし間一髪遅刻してしまい、結局廊下に立たされたのだった。
探偵「ちぇっ、間に合わなかったか」
助手「うん。でも今日の事件はおもしろかったよな。
   いろんな現場に行ったけど殺人事件は初めてだもん。」
探偵と助手は、目を合わせて強く頷き合った。



246 :240 :04/04/10 03:42


そんなのんきな会話をしていたが、結局僕らは、一日中廊下に立たされたのだった。
やがて5時間目も終わる頃になり、こっそり廊下を抜け出して
トイレに行っていた助手が、慌てた様子で駆け寄ってきた。
助手「おい!こ、これ見ろ!!」
その手にあったのは今日の夕刊だった!
そこにあった記事は・・・例の馬鹿女殺人事件!!


警察の科学捜査の結果、事実はなんと、事故死だったらしい。
事故の「事」を、「自」と書き間違えたのだ。
僕らは無言で顔を見合わせた。その直後には、爆笑していた。
まさか被害者がそこまで馬鹿だったとは。
探偵「俺も探偵形無しだなあw」


こうして事件は幕を降ろしたのだった。
僕らの青春の清々しい笑顔を残して。


『二中ミス研の大冒険』~完~



247 :名無しのオプ :04/04/10 04:12


まじ面白い!!
ギャグ短編として送ればよかったのに!!!



248 :240 :04/04/10 04:24


僕はもう我慢の限界です。
今まで240と名乗っていたけれど、本名の西尾に戻そうと思う。
240という名で、2ちゃんにこの事件の顛末を書き込んできたのはこの僕だ。
あの馬鹿女を殺した真犯人は、この僕、西尾だ。


僕はずっとあの二人のそばにいた。探偵と助手の、すぐそばに。
そして、こんなカキコミを2ちゃんにもしてみた。
しかしアイツらは僕を無視し続けた。僕は透明な存在だ。
探偵役の鈴木にも、助手役の榎本にも、僕の姿は見えていない。
あいつらが探偵なものか。殺意を抱いたこの僕に、気付きもしないのにw。
二人が楽しそうに笑い合う横で、ぼくはずっと引き攣った笑みを浮かべていた。
あの馬鹿女も、あの二人の仲間だ。
あの二人と馬鹿女が、馬鹿な行いに耽っているところを僕は見たのだから。
今となっては鈴木と榎本を友達だと信じていた愚かな自分を笑うしかない。


みんな殺してやる。
鈴木と榎本の首を、一緒に校門の門柱に飾ってやろう。
これは僕の最後の手記です。
では、地獄の片隅で、あなた方を待っています。


平成16年4月10日 西尾二志夫



249 :西尾 :04/04/10 04:42


しかし、あの「E」というダイイングメッセージはなんだったのか?
僕が思うに、「ERASER」の「E」だったのではないだろうか。
消去者、抹殺者。
それならば、あの女もあながち馬鹿じゃなかったのかもしれない。
結果的にはこの僕の正体を見抜いていたわけだ。
まあ今となってはそれもどうでもいいことですね。
では、明日のワイドショーをお楽しみに・・・。



250 :240 :04/04/10 04:58


ふう・・。


これで打ち止めです。
最初はキムタク=カッコイーで終わるつもりだったんだけど、
酒の勢いで色々アフォな展開を思いついてしまって
こんな長いモノになってしまいました。
全然叙述じゃないし・・。
とりあえず、最後は叙述っぽくなったかな・・・と。


読んでくれた方々に感謝。
おやすみなさいませ。


251 :名無しのオプ :04/04/10 09:37


414 :459@沢渡シナリオ ◆B/Wayml50c :04/04/02 22:10
突然だが、俺には後輩が居る。女の子だ。
それはさておき。
確かに今晩のことを考えずに衣類をほとんど洗濯してしまったのは俺にミスだ。
だが、風呂上りに男物のYシャツ(俺のだ)一枚で部屋をうろつくのはどうかと思う。
部屋に居るのが紳士な俺だけだからいいようなものの、
他のヤツがいたらどうする気だ?
ああ、気が散る。



~~以下解答~~



419 :459@沢渡シナリオ ◆B/Wayml50c :04/04/02 22:33
さて、もう少し引っ張れるかとも思ったが
荒れる前にネタバレしておくか。


男物のYシャツ一枚で部屋をうろついているのは俺だ!
俺が男物のYシャツ一枚で部屋をうろつくことに何か問題でも?
誰も後輩が部屋に来た、なんて言ってませんよ。
ええ、俺の部屋には俺しか居ませんよ?
『部屋に居るのは俺だけ』
って言ってるじゃないですか。


後輩の女の子?
確かに存在はしますけど、


 嫌 わ れ て ま す よ !


部屋に来たこともないしね。


256 :240 :04/04/10 23:18


ある家で一人の男が殺された。
被害者は殺される直前に拷問と言っていいような暴行を加えられたらしく、
遺体には火傷や刺し傷があって相当に酷い有様だった。
死因は頭蓋骨骨折で、何か重たいもので上から頭を潰されたようだ。
犯行時刻、隣家に住む老人がたまたま縁側で日向ぼっこをしており
現場となった家をずっと見ていたのだが、
怪しい人間は誰一人出入りしなかったという。
容疑者は4人。その中で動機があるのは容疑者Aのみなのだが、
実際に犯行が可能だったのはその他のB,C,Dだけだった。
はたしてこの事件の真実は?



助手役「という話なんだけど、どうかな?」
探偵役「もうすべてわかったよ」
助手役「えっ!」
探偵役「簡単な話さ」



257 :240 :04/04/10 23:29


解決編は1時間後くらいに。



258 :名無しのオプ :04/04/11 00:01


猿蟹合戦だったら死刑



259 :名無しのオプ :04/04/11 00:20


解決編まだー?



260 :名無しのオプ :04/04/11 00:21


>>258
それだと被害者が「一人の男」ってところがおかしい。



261 :名無しのオプ :04/04/11 00:23


解答待とうぜ


まぁ死刑確定な気もするが



262 :240 :04/04/11 00:24


探偵役「つまり、嘘をついたり人を傷つけちゃダメっていう話だねママ」
助手役「そうよ、やっぱりあなたはお利口ね」
探偵役「えへへ」


この時母に読んでもらったサルカニ合戦によって、
私は今まで人の道を外れずに歩んでこれた。
今は亡き母が助手役となって、私を人生の真実に導いてくれたのだ。
母が枕元で読んでくれたこの物語を、私は生涯忘れないだろう。
「あなた、出棺の時間よ」
妻が私に呼びかけた。
「ああ、今行くよ」
葬列に混じって、母が火葬場に送られていくのを見つめていた。
皆に、火葬に立ち合うよう薦められたが
母が焼かれるところなど、私は見たくない。
母はまだ生きているのだから。
サルカニ合戦と共に、私のこの、胸の中に。



263 :名無しのオプ :04/04/11 00:27


どう落とし前をつけてくれるのだ?



264 :名無しのオプ :04/04/11 00:29


ちょっとひねりが入ってるので
死刑→無期懲役ってとこかな



265 :240 :04/04/11 00:32


死刑ですね・・・。
でも助手役と探偵役が母子だとはわからなかっただろー。
へっへっへ・・・。
>>260
「一匹の雄」でないとダメだね。
カキコしてから気付いた。ごめん。


やっぱ酒が入った状態でミステリ書いちゃダメだな。
反省。お粗末さまでした。


278 :名無しのオプ :04/04/14 17:51


ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・



279 :西尾 :04/04/14 21:02


>>278
「ナポリタン」とは、スパゲッティナポリタンのことではないのではなかろうか。
「ナポリタン」を直訳すれば「ナポリ人」。
つまり、このとあるレストランとは
ナポリ郊外の森にひっそりと建っている、恐怖の人肉料理レストラン・・・。



280 :西尾 :04/04/15 03:35


人肉 ナポリ でググって気付いたのだが、人肉食愛好者の殺人犯レクター博士を描いた
映画『ハンニバル』の製作者である、映画プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティス氏は
イタリアのナポリ出身らしい。はたしてこれは偶然だろうか?



281 :名無しのオプ :04/04/15 10:31


ジェノベーゼとかボロネーゼとかでもいいわけだよね。


他にもカルボナーラ(炭焼き職人のパスタ)、ペスカトーレ(漁師のパスタ)、
プッタネスカ(娼婦のパスタ・・・マジ)とか。
(まあ、普通は「~風パスタ」と言うけどねw)


#ちなみにナポリタンというパスタはイタリアにはなかったりする・・・


でも、最初のがしょっぱくて、作り直してもらったという件の意味がないような。


 


282 :西尾 :04/04/15 21:40


>>281
いや、「スパゲッティナポリタンではない」と言いたかったのです。
日本人は「ナポリタン」と聴けばあの料理を思い浮かべるけど、
あの料理は日本のオリジナル。そういう引っ掛けなのではないか?と。
この線から「ここはあるレストラン」や、しょっぱかったという点も解明できないだろうか。
例えば、この問題文が英語やイタリア語だとしたら、
「私」が何らかの誤解を招くような言葉の綾があるとか。



283 :名無しのオプ :04/04/15 22:15


初めて行ったのに「人気メニュー」が「ナポリタン」だとわかるのは
なんでだ。ここに何か意味はあるのか。



284 :西尾 :04/04/15 22:44


レクター博士がひそかに経営していたレストランだったというのはどうだろう?
ナポリタンはナポリ人の人肉料理。
しょっぱかったのは、その料理に仕込んでおいた睡眠薬の味をごまかすため。
店の外に出てから、「私」はコックが指名手配中のレクター博士だと気付いたのだが、
睡眠薬が利き始め、意識を失う。
そんな「私」を、レクターは舌なめずりして見下ろしていた・・・。


「ここはとあるレストラン」以外は上手く統合できたんじゃないかな?


 


285 :名無しのオプ :04/04/16 05:22


>>283
居酒屋ではメニューに人気NO1!とか貼ってあるぞ。
メニューなどに当店で一番人気のメニューです。とか書いてあってもおかしくはないと思う。



286 :281 :04/04/17 02:03


こんなのは?


カルボナーラを注文したらなぜかミートソース(ポロネーゼ)がでてきた、
「俺が注文したのはこれじゃない」と文句を言うと「いや、確かにカルボナーラだ」
と言われた。
気分を害したが、腹も減っていたので、「じゃあペスカトーレ」というと、
やっぱりミートソース。文句を付けると「これは確かにペスカトーレだ」と言う。
さすがに頭に来て、「ナポリタンをだせ」と言ってやった。もしでてきたら笑って
やろうと思った。だってイタリアにはナポリタンなんていうパスタはないんだから。


案の定またミートソースがでてきた。俺はここぞとばかり言ってやった。
「イタリアにはナポリタンなんてないんだよ!いい加減にしろ!」
店主は答えた。「何バカなことを言うんだ。ナポリにいたならナポリタンに決まってるだろ?」
・・・俺はおそるおそる「ボロネーゼはあるのか?」と聞いてみた。


「ああ、申し訳ない。今銀行に行ってていないんだ。」


 



287 :西尾 :04/04/17 02:59


>>286
イタリアンブラックジョークですなw。
とりあえず「私」は多分初めにナポリタンを頼んでいるわけで。
そして、それはしょっぱかった。
でも苦情を言って作り直させたナポリタンは、普通に食べることができた。
これを合理的に説明できなきゃいけないんでないかい?
あと「ここはあるレストラン」だよなぁ。
これが最大の難関だ・・・。


289 :名無しのオプ :04/04/17 04:24


注文の多い料理店みたいなこと?


でもそれだと叙述トリックじゃないよな



290 :西尾 :04/04/17 05:51


自説を裏付けるため、「ここはとあるレストラン」は、
「ここはto Rレストラン(ここはRへのレストラン)」で、
RとはレクターのイニシャルのRなのでは?
と思ったが、レクターのイニシャルはLだとわかって轟沈・・・。


蜘蛛の会スレにまた問題出しました。
良かったらそちらもどうぞ。



291 :西尾 :04/04/17 06:22


>>289
とりあえず、これは答えが用意されてない問題みたいだから、
叙述云々は抜きにしても、合理的に『解決編』としてふさわしい答えが出せれば
それを解答として良いのではないかと思います。
自分も今までとは違った線で考え直してみることにするよ。


326 :名無しのオプ :04/05/16 01:16 ID:nfCgrgLe


>>278
誰もこの解答をしてないのが不可解だが、
単にマズいから苦情を言うと料金が無料になるから
ナポリタンが人気メニューってことじゃないの?



327 :名無しのオプ :04/05/16 01:27 ID:2631BxnD


それだと作り直してもまずいはずでは?



328 :名無しのオプ :04/05/16 10:51 ID:SwNK2t93


>>326
各板でいやというほど貼りつけられた
有名なコピペだからだよ


 

スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

【2006/08/25 10:27】 | 2ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<かっこよくライトノベルを買う方法 | ホーム | 最近読んだ本を簡単レビュー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://newblog21.blog73.fc2.com/tb.php/48-6e49548c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。