スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ちょっとした不満・ちょっとしたアラ探し

ネタバレ注意!!11


 


1 :名無しのオプ :01/10/20 08:56


「傑作なんだけど、ここが気に食わない」、「あそこに書いてあったアレはどう考えてもおかしい」、といったネタをキボンヌ。
もちろんネタバレネタはメール欄で。



2 :名無しのオプ [盗品の分け前争いでカッとなって殺した] :01/10/20 09:01


たとえば一例。
「死の蔵書」どう読んでも傑作なんだけど、アレの動機って詰まるところ(メール欄)ってことだよな。


てな具合でどうぞ。



3 :名無しのオプ [死ぬ] :01/10/20 09:14


貫井徳郎の「迷宮遡行」のラストシーンでの女主人公。
なぜ、(メール欄)?


5 :名無しのオプ :01/10/21 03:06


古典にケチつけるのも野暮だけど「Xの悲劇」
牛乳2週間も放置して腐らないの?

6 :5 :01/10/21 03:07


ゴメン Yの間違い。



7 :名無しのオプ [顔の潰し方偶然に頼りすぎ] :01/10/22 12:22


>>5
Xだったら、(メール欄)とか。



8 :名無しのオプ [毒薬] :01/10/22 13:14


「盤上の敵」のトリックって結構雑な計画だと思う。(メール欄)とか物証残し過ぎ。



9 :名無しのオプ :01/10/22 13:59


緋色の研究で、犯人がすでに知ってる住所に
まんまとおびきだされたのはおかしい



10 :名無しのオプ :01/10/24 12:50


笠井の「駆」シリーズは、順番に読まないとネタバレまくり。



11 :名無しのオプ :01/10/24 12:57


『黄色い部屋の謎』


…冷静に考えると、バレるだろろう。観念的すぎるよ!



12 :名無しのオプ :01/10/24 14:21


「盗まれた手紙」真剣に探せよゴルァ・・・ってちょっと古典いじめ過ぎ。



13 :名無しのオプ :01/10/24 18:22


古典続きでスマンけど、「Yの悲劇」。


レーンがベッド(たしかルイザのだった)を押して、「音がする」というセリフを言った
シーンはなんだかなー、と思いました。
まあ、きしむ音が手で感じられるくらい凄かったのかも知れないけど、周囲の人に
「音がしますか、どうですか?」と訊くくらいのことはしてもいーんではないか、
と思ったよ。



14 :名無しのオプ :01/10/24 18:46


>>13
うん。そういうどうでもいいのが欲しかった。(w



15 :名無しのオプ [カプセル開放] :01/10/24 18:51


「亡国のイージス」のアレ(メール欄)って思わず萎えなかった?



16 :名無しのオプ :01/10/24 21:48


ミステリの範疇かどうかは置いといて、キングの
「ファイア・スターター」。すごおく面白かったんだけど、
一つ、何故父親は娘を「押して」パイロキネシスを
抑えなかったんだろうと。ま、抑えていたらお話は
始まらないんだけどね。



17 :名無しのオプ [加害者の記憶が欠落していて、結局真相がよくわからない] :01/10/25 12:31


傑作として名高い大岡昇平の「事件」を読みましたが、(メール欄)なのはちょっと不満。
て、これも古典か?



18 :名無しのオプ [窓の釘が折れていて密室ではなかった] :01/10/25 23:47


「モルグ街」は小学生の時お子様向けで読んだときは何とも思わなかったが
大学生の時ポー全集で読んだら本を投げ飛ばしたくなった。
(メール欄)って一体・・・



19 :名無しのオプ [人形に着せるヤツ] :01/10/25 23:57


「斜め屋敷」、石岡くんは
どーしてもう着ない服をわざわざ北海道まで持ってきてたのだろう……



20 :名無しのオブ [犯人同士おおっぴらには逢えないだろう、いいのかそれで?] :01/10/26 00:48


「不連続殺人事件」完全犯罪が成功したとしても その後(メール欄)



21 :名無しのオプ [互いに一種のプレイとして快感に] :01/10/26 02:18


>>20
あれはもはや(メール欄) 変わっていたので、いいんです。



22 :名無しのオプ :01/10/26 07:08


写楽殺人事件の最後の方のアリバイトリックがとってつけたような印象。


26 :名無しのオプ :01/10/26 21:44


京極道シリーズも順番に読まないと結構ネタばれまくり。



27 :名無しのオプ [アーネッソン] :01/10/27 00:50


「僧正殺人事件」
ヴァンスが(メール欄)を容疑者から省いた理由が
「そういうことをやりそうなヤツじゃないから」って・・・



28 :密室博士 :01/10/27 00:56


>>27
それが「心理的探偵手法」なのよ。
当時ヴァン・ダインは「物理的証拠による探偵法はもう古い」って主張してたのね。
まあ、そういう時代もあった、ってことで大目にみてやってあげてね(^^)



29 :黒猫缶 :01/10/27 09:34


C. デクスターの「ウッドストック行最終バス」にも同じ様なものがあったような。
犯人が乗っていたのは赤い車だったので
「この街にあるすべての車の中で、赤い色の車の数は約1/10だ!
よって容疑者も人口に対する1/10の○人に絞られる!」
といった感じの理論でした(かなりうろ覚え)。


まあこれはギャグの一つで、これだけで事件解決とはならなかったので
不満な点ではないんですけどね。



30 :名無しのオプ :01/10/29 11:30


>>29


まああれは作品自体が、既存のミステリに対するパロディですから


34 :名無しのオプ :01/10/30 08:31


「水車館の殺人」
とてもじゃないが水車だけで全電力の供給は不可能だと思うのだが。



35 :執事バンター :01/10/30 17:52


加納朋子「ささらさや」
おもしろかったですが、
莢(さや)という名前の主人公を、その亭主(幽霊)が
「馬鹿っさや」と呼ぶんです。
語呂が悪くて嫌でした。



36 :名無しのオプ [猟奇的犯行の動機] :01/10/30 21:31


「オルファクトグラム」って猟奇殺人犯が出てくるけど肝心の(メール欄)が最後までわからねえ



37 :名無しのオプ [子供救出] :01/11/06 18:40


東野圭吾の「天空の蜂」
(メール欄)の後、緊張の糸が切れるのが惜しい。
時事ネタの先取りは立派だが。



38 :名無しのオプ [帰国子女がアル中のホームレスに・・] :01/11/06 18:51


「テロリストのパラソル」
メール欄が、どうもアレだった。惚れるわけないだろっての。
最後のトリックも「んなバカな」って言いたくなったし・・・
乱歩賞と直木賞のW受賞なのに、自慰小説じゃないのかと勘繰ってしまう。



39 :「テロリストのパラソル」の句をあいつは何処で読んだんだろう? :01/11/08 14:10


>>38
それよりあの;メール欄



40 :39 [ああああ!] :01/11/09 09:41


わ、間違えた! 鬱出汁濃…



41 :名無しのオプ :01/11/09 10:47


「テロリストのパラソル」は、偶然で済ましてる部分も多いしなあ。
ショーケン主演のテレビドラマもつまらなかった。



42 :名無しのオプ :01/11/14 16:15


「ペニス」
結局、よくわかりませんでした、というのは逝ってヨシ?



43 :名無しのオプ [はずみで切り付けただけのはずなのに傷口はプロの手口] :01/11/20 12:24


「禿鷹の夜」のラストで真相が語られるが、(メール欄)というのはどういうこと?



44 :名無しのオプ :01/11/20 13:18


いま「13階段」読んでて気になったのだが、賠償金7000万円はいくらなんでも払い過ぎだろう。
死亡の場合、被害者と同年齢の妻子持ちで7000万円くらいが相場だが、独身だから3000万円がいいとこだろう。
加えて本件は被害者の過失大だから、相当の減額があってしかるべき。
刑事で情状を得るため民事の和解を急ぐのはよくあることだが、それにしてもやりすぎというものがあるのではと思うが。



45 :44↑ :01/11/20 13:28


未読の方へ
べつにネタバレじゃないので安心してください。念のため。


52 :名無しのオプ :01/11/25 00:56


「Zの悲劇」
足跡のトリックが偽装のためにわざとつけられたものではないと
レーンが判断した根拠はどこにあるの?
まあ実際、陪審員は納得しなかったってことなんだが。
犯人当てもちょっと安易。


これってネタバレになってないよね。



53 :名無しのオプ :01/12/01 11:27


>>52
犯人を3人まで絞ったんだったら、そのあとは、ロジックだけに頼るでなく、証拠探しでも
なんでもしろよ。アリバイ調べとか。
というのは?


60 :名無しのオプ :02/03/02 09:39


「鉄鼠」京極堂は黒装束一式を箱根に持込んでいたのか?


65 :名無しのオプ :02/04/25 03:52


占星術。


御手洗が事件の真相に気づく以前は、誰も気づかなかったという設定だが、
本当に? 本当に?
気づいていても知らん振りした、面倒くさがり屋のミステリヲタがいそうな気もする。
(別に不満やアラ探しじゃないけど)


68 :名無しのオプ [レーンが殺人計画書を読んだ時点で犯人は明らか] :02/04/26 11:16


占星術といえば偽札云々のところで真相が全部わかってしまった。
ヒント与えすぎ。
あんなの偽札の話知ってたらだれでも分かるぞ。
Yの悲劇も読んだのが消防で児童向けの本だったのでよく覚えてないんだがメール欄では?



69 :名無しのオプ :02/04/26 11:28


>>68
「アレ」の内容と制作者はわかっても、それを実行したのが
誰かは解決編まで不明でしょう。


「アレ」でわかるのは、Howであって、Whoではないから。



70 :名無しのオプ [嫌疑をそらすために自分が毒薬を飲む] :02/04/26 12:27


でもそのHOW(メール欄)を実行したのが犯人だと推論できるのでは?



71 :名無しのオプ [レーンの策略にはまって誤飲した] :02/04/26 12:49


と、いうか、(メール欄)ということではなかったっけ?
漏れが読んだのも消防の児童版で、よく覚えてないが。



72 :名無しのオプ [殺人メモの通り自分で毒を飲んだ] :02/04/26 13:02


それは最後の事件のことで上で問題にしているのは最初の事件。
最初の事件ではメール欄と思うのですが?



73 :密室雀 [ヨークが犯人、即ちヨークの死体は別人] :02/04/26 13:28


>>68
「アレ」は、あの場面ではむしろ(メール欄)というミスディレクションを誘発する
と思う。



74 :独者 [Yは毒が入っていることに気づき、飲むのを止めさせる(ふりをする)] :02/04/26 19:30


いや、「アレ」には、そこまで具体的な行動は書いてなかったはず。
たしか(メール欄)みたいに書いてあったと思う。


 


75 :独者 [Yはなんだかおかしいと言って、自分で少し飲む。] :02/04/26 19:35


ごめん、確かめたら違ってた。正確には(メール欄)だった



76 :独者 :02/04/26 19:41


私は「Yの悲劇」は、犯人を知ってから読んだので、
知らないで読んだ人がどう感じたかは、正直、興味あるところだ。


102 :名無しのオプ :02/11/13 12:47


ほんとにちょっとした不満。しかも、出版社に対して。
アガサクリスティーの「ひらいたトランプ」で、巻末にブリッジの説明が載って
いるんだけど、それだったら巻頭のほうに載せておいてくれよと、全部読み終わ
った後で思った。読んでいる時、ブリッジのルールがわからないので???な展
開が続いてた。話そのものには関係ないので、ほんとにちょっとした不満。



103 :名無しのオプ :02/12/21 00:16


筒井康隆の「フェミニズム殺人事件」はひどいぞー、
それはダメ、というトリックを堂々と使っている。
多分筒井は、ミステリを舐めていたな。
少なくともこの作品を書いているときは。


108 :名無しのオプ [女子高生が合宿でオナニー] :03/02/21 01:51


東野圭吾「放課後」


よく犯人の動機が弱いとか言われるけど、それ以前に(メール欄)なんてするのか?


127 :名無しのオプ :03/03/13 23:20


「双頭の悪魔」の読書への挑戦は
ちょっと無理があるのではないかと。


 


128 :名無しのオプ :03/03/16 10:20


恩田陸『木曜組曲』で、皆でチーズケーキを食べるシーンがある。
一人が「おみやげに貰ったケーキを出しましょう」と台所にたつんだけど、
その人が戻ってきてないのに皆がケーキ食ってる描写が入る。
何でもう食ってんだ、まだそこにケーキないだろ?(その後にケーキと
お茶を持ってくる描写が入るから)


あと、静子が絵里子と冒頭でした会話を回想するシーン、思い出してる
台詞は静子本人が言ったものなのに、何故か「あの子はこう言ってた」と
絵里子の台詞として思い出してる。


筋には関係ない場面だけどちょっと気になるんだよな……。文庫版だと
直ってたりするのか?



129 :名無しのオプ :03/03/16 20:23


ジョン・フスコ『パラダイス・サルヴェージ』


主人公はスクラップ工場の息子の少年。
あるとき車のトランクに老人の死体を見つけ、親父に叫ぶんだが
プレス機の騒音のため聞こえず、死体はそのまんま車ごとスクラップに。
日頃の空想壁のためその話を信じてもらえず、
少年は兄貴と調査を開始する・・・


んだが、死臭に誰も気づかないってどういうことだよ。


136 :名無しのオプ [買い物依存症の妻を自殺にみせかけて殺す計画] :03/04/05 16:33


「カナリアは眠れない」は
設定(メ欄)に無理ありすぎ
「絶対にうまくいくと思った」らしいが
そりゃ、無理っす


138 :名無しのオプ [sage 見取り図にオリオンがない] :03/04/19 20:36


「笑わない数学者」は(メール蘭)で、読む前から館のトリックがわかっちゃう。
本筋(殺人事件)とは関係ないが。


160 :名無しのオプ [少し下地を塗っては絵を描く作業を繰り返し、完成まで時間がかかる] :03/08/30 10:53


加納朋子「クロス・ロード」
トリックが謎を聞いたとき「それは単にあれなんじゃない」と思ったそのままだったのはさておき、
いくら人通りの少ない交差点だからって、車はよく通る道の真ん中に画材を持ち込んで絵を書いていて、
その画家は怪しまれなかったのか?
そもそもあの画法では(メル欄)なのにそのトリックを作っているところを誰かに見られたら台無しじゃん。


 


161 :160続き [そういう都合もあってフレスコ画は繊細でリアルな表現に向かない] :03/08/30 11:00


しかも(メル欄)なのに



162 :名無しのオプ :03/08/30 12:56


館シリーズはすべてアンフェア



163 :名無しのオプ [遺産相続人、病状] :03/08/30 16:08


「迷路館」の場合、読者にそこまで推理させる気は作者には
ないんじゃないのかな?
もともと島田がそこにたどり着いた根拠(メール欄)というものも読者には
与えられて無いわけだしね。


 



164 :名無しのオプ [sage 美少女でも通る] :03/08/31 18:29


いっそのこと迷路間はメル欄だったらよかったのに



165 :名無しのオプ [1.学習効果 2.まったく抵抗しない 3.伯爵の行動] :03/09/02 00:12


いまさら京極堂シリーズにツッこむのも無粋だと思うし、全然「ちょっとした」というレベルでは
ないのだが、「陰摩羅鬼の瑕」については一言、いや三言ほどいいたい。
「犯人よ、おまえには(メール欄1)が無いのかゴルァ!!」
「被害者よ、なぜこう来るとわかっているのに(メール欄2)?ゴルァ!!」
「警察関係者よ、ちゃんと(メール欄3)について事情聴取してんのかゴルァ!!」


191 :名無しのオプ :04/09/09 00:45 ID:kab03+sN


ハコの中の失楽で最初の被害者の背中につき立てられたナイフの指紋を警察がとっていれば
事件は即解決していた。



192 :名無しのオプ :04/11/09 23:57:50 ID:Wv6Mg3A+


殺人を犯したショックと疲労で突然に生理になってしまい
その血が被害者のものと混ざった。
2人分の血が流れているから犯人も怪我していると皆考えるが
怪我している人がいなかったのでウヤムヤに。
少しでも、「生理出血」と疑ってみる人がいれば・・・。
ってか、無理か。読者にはその犯人を男だと思わせているから。



193 :名無しのオプ [1.ダイイング・メッセージもの 2.隠し場所を考える 3.刑事コロンボ] :04/11/10 10:01:42 ID:JS2z9nYz


横山秀夫「「臨場」所収の『鉢植えの女』
作者にしては珍しい(目欄1)。それ自体はかなり秀逸なのだが、
普通に考えたら、(目欄1)より先に(目欄2)と思うがどうだろう。
そういえば、(目欄3)でも同じような状況のトリックがあったのを思い出した。


 


フロム 2ちゃんねる


http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1003535779/

スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

【2006/09/10 17:40】 | 2ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<特攻の拓風ミステリ!? | ホーム | シビレるフレーズ >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://newblog21.blog73.fc2.com/tb.php/65-926db80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。